赤地格子連花文錦

法隆寺獅子狩文錦

【読み:ほうりゅうじししかりもんにしき】

【読み:あかじこうしれんかぶんにしき】

法隆寺蜀江錦(ほうりゅうじしょっこうにしき)
法隆寺伝来の赤平地経錦の総称です。法隆寺裂の中では太子間道、獅子狩猟文錦、そしてこの蜀江錦などがありますが、これが上記の一般的「蜀江錦」の原型ともなるものです。ここで紹介したのは「赤地格子連珠文蜀江錦(あかじこうしれんじゅもんしょっこうにしき)」と呼ばれ、当時の代表的なデザインです。